第3回ユネスコスクール関東大会

平和・人権と
地球市民教育(GCED)

エントリーフォーム

Entry Form

SDGsの広がり

 SDGs 達成に向けた担い手の育成は、文部科学省の新「学習指導要領」にも大きな現代的課題として強調されており、小学校から大学に至る教育機関だけでなく、企業や地方自治体などにとっても重要な課題となっています。 さらに、現在のコロナ禍の状況において、現在・未来の社会の在り方が改めて問われています。
 
 ユネスコスクールの理念と活動は、未来を担う子供たち・若者だけでなく、今を生きる大人にとっても大切な何かを示してくれるかもしれません。
 
 本大会は、関東地域を中心としたユネスコスクールの活性化と活動の深化を促進するための交流や、情報の収集・共有を図ることを目的とします。 ユネスコスクール加盟校・加盟希望校に所属する教職員・児童生徒学生のみなさん、そして、ユネスコスクールの活動にご興味をお持ちの教育機関、研究機関、NPO、企業等のみなさんに、SDGs の広がりを国際的な観点から議論し、地域の視点での活動やその広がりを考える場となれば幸いです。学校間の連携やプロジェクト等の協働が進み、ユネスコスクールのネットワークがさらに強固なものになることを願っています。

当日のスケジュール

Schedule

9:30

受付

受付 / S棟(大教室棟)入口
資料とともに「無料昼食券」を配布

10:00

開会式

会場 / 大教室棟 S201 教室

学長あいさつ
創価大学 学長 鈴木将史

10:15

基調講演(ビデオメッセージ)

会場 / 大教室棟 S201 教室

学習者の幸せ、福利、そして変容的教育のための
プラットフォームとしてのユネスコスクール

ユネスコ・バンコク事務所
所長 青柳茂 氏

略歴

2002年7月、パリの教育セクターの識字・非正規教育(NFE)セクションのチーフとしてユネスコに入局。 

2006年12月から2011年12月まで、ユネスコ・カブール事務所長および駐アフガニスタン代表を務める。  

2012年1月、ニューデリーのユネスコ事務所長、およびインド、ブータン、モルディブ、スリランカのユネスコ代表として赴任。

2018年5月、ユネスコ・バンコク事務所長兼タイ、ミャンマー、ラオス人民民主共和国、シンガポールのユネスコ代表に就任。

ユネスコ・バンコク事務所
所長 青柳茂 氏
10:45

実践校報告及び質疑応答

会場 / 大教室棟 S201 教室

杉並区立西田小学校

11:30

休憩 / ポスターセッション

会場 / ニュープリンスホール

昼食 ・ ポスターセッション

13:00

分科会

会場 / B棟 各分科会会場

※「分科会」の欄よりご確認ください

15:30

閉会式

会場 / 大教室棟 S201 教室

実行委員長あいさつ
創価大学 教育学部長 関田一彦

分科会

Subcommittee

第一分科会

東海大学+かながわユネスコスクールネットワーク

包括的セクシュアリティ教育とユネスコスクール

子どもたちに性とジェンダーについての知識を伝え、性の健康と幸せのためのスキルを身につけさせることは、よりよい未来を作るために欠かせない課題です。ユネスコは精力的に「包括的セクシュアリティ教育(CSE)」を推進しています。世界の貧困や格差、差別の背景には、間違いなく性と生殖の健康問題やジェンダーの不平等があるからです。本分科会では、ユネスコスクール各校のCSEへの取り組みについて紹介し、これからの課題について意見を交換します。

第二分科会

玉川大学+
大妻中野中学校・高等学校

高大連携WS「SDGs/地球市民性育成に向けて」 大妻中野中・高とのコラボ

1)国際対立
2)海洋環境
3)ジェンダー問題に関する解決法の討議

第三分科会

成蹊大学


学生の声で「難民」について伝えること
~成蹊高大連携の活動事例から~

成蹊学園では2019年から国連UNHCR協会WILL2LIVE パートナーとして難民について知る映画の上映会を行っています。この上映会の企画・運営を行っているのが、成蹊高校生と大学生が有志で集まったWILL2LIVE Cinema Seikeiです。
私たちは、映画を通して難民問題を知っていただくだけではなく、メンバーの声や想いを参加者の皆さまに届け、共感の輪を広げていくことを大切にしています。今回の分科会では、学生から先生方まであらゆる方々に、「難民」についてや、成蹊学園での取り組みを知っていただき、どのようにして学生の力で「難民」について伝えていくことができるかを考えます。

第四分科会

創価大学


平和と公正をすべての人に
パートナーシップで難民理解の第一歩を踏み出そう〜

学生団体(ASPIRE SOKA)は2017年からWILL2LIVEムーブメントである「難民映画祭」を毎年10月に開催しています。映画を鑑賞するとともに、UNHCR協会やUNHCR駐日事務所、難民と共に未来を創造するNPO団体(WELgee)の代表者をお招きし、講演会を開催してきました。前半は、この取り組みについてご報告します。 後半は、こうした取り組みを例に、小・中・高校で展開できる難民理解を深める教育を参加者と共に考えます。とくに、難民理解を通して、平和・公正な社会の構築のために第一歩を踏み出すことができる授業外の活動を検討していきます。

ユネスコスクール事務局

公益財団法人ユネスコ・
アジア文化センター

相談窓口となるブースです

アクセスマップ

Access Map

創価大学構内マップ ▲別ウインドウが開きます

〒192-8577
東京都八王子市丹木町1-236

創価大学 教育学部・
教職大学院

042-691-9378

E-mail : susp@soka.ac.jp

主催

共催

後援

八王子市教育委員会、日本ユネスコ協会連盟、公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)、ASPUnivNet